2009年07月08日

アトピックドライスキン

アトピックドライスキンとは、皮膚のバリア機能が低下して刺激を受けやすい肌質の方のかゆみを伴うカサカサ肌やブツブツした肌の状態のことを言います。角層中のセラミド量を維持するには、セラミドを生成するグルコセレブロシダーゼとスフィンゴミエリナーゼ、分解する酵素のセラミダーゼという三つの酵素の働きのバランスが重要になると思います。しかし研究が進められた結果、別の酵素が原因であることがわかったのです。
posted by きっこ at 03:30| 知ってますか?